【ブログ】過激な男女平等思想は平等から遠ざかる

こんにちは。タカジュンです。

今日は「男女平等」について。。

日本は男女平等社会からは程遠く、まだまだ男性社会だと言われています。

20191月現在、日本の女性議員の割合は10.2%で世界165位、先進国では最低水準です。

完全な男女平等や女性の権利拡大を主張する「フェミニスト」という思想は、今となっては有名です。

ただし、何でもかんでも「女性差別、男尊女卑だ。」という過激なフェミニストは間違っていると思います。

過激な考え方は、女尊男卑や逆差別につながりかねません。

男尊女卑の考え方が女尊男卑の考え方を生み、それに対する批判もある、といった水掛け論状態になっています。

▪️

まだまだ男性中心の社会なのは事実ですが、ただ過激な思想に走るのではなく、現状を俯瞰し、バランスをとって改善策を模索していくことが重要だと思います。

例えば先であげた女性議員の割合を改善するには、女性議員の割合の下限を定める議論をしても良いのではないでしょうか。

コメントを残す