【ブログ】立花氏の竹島発言。批判するだけで対案がないことこそ無責任だ!

こんばんは!たかじゅんです。

N国・立花代表の竹島をめぐる発言が物議を醸しています。

 

立花氏の発言の要旨は、
「竹島は戦後70年、韓国が占領している。現状、領有権は実効支配している韓国にある。」
ということです。

この発言について批判の声が多くあがっています。

 

しかし、この件でただ批判するだけでは立花氏が間違っていると言ったことにはならないと自分は思うのです。

もはや100%日本の物だと主張できない状況になっているのは事実として認めざるを得ません。

だから、お金か漁業権か土地か、なんでも良いので「竹島が韓国のものだ」と認める代わりのトレードで竹島を渡す事は検討しなきゃいけないのではないでしょうか。

文句ばかり言ってる人は、逆にどうやったら返ってくるのか、対案を示して欲しいです。

70年間占領され続けて、今のままだったらますます返ってこなくなります。

立花氏の発言はこの点で的を射てると思います。

 

■立花氏を完全擁護する意図はありません。

ただし、この程度の指摘を立花氏に言われてるようじゃ今の政治はだめだなと思います。

コメントを残す