やはり丸山議員は辞職すべき。そして、必要なら治療して再起を図るべきだ。

こんばんは、政治提案家タカジュンです。

 

先日も丸山議員について書きましたが、続けて書きたいと思います。

 

今回は、本件の論点の一つである「丸山議員は辞職すべきなのか。」という事です。

 

タイトルにもある通り、自分は「丸山議員は辞職すべき」だと考えている派の人間です。

丸山議員を擁護する人達が分かってない事

軍事.jpg

前回の記事でも述べましたが、丸山議員は非常に人気のある政治家です。

 

そのため、ネットでは「他の政治家で、丸山議員より辞めるべき人がいるだろう」とか「考え方として一理ある」などと擁護されています。

 

しかし、まず申し上げたいのは今回の発言は国際法的にも非常に問題のある発言なのです。

 

国際法は憲法を上回る法律ですが、国際法においては「急迫不正の侵害」を武力行使の要件としています。

 

つまるところ、自衛のための差し迫った危機がない限り、武力行使は発動できないのです。

 

これは日本国憲法でも安倍内閣の閣議決定でも同様に決まっている事です。

 

クリミア問題を持ち出す人がいますが、あれはロシアの軍事力民意自衛のため(ロシア国民を保護するため)という建前によって併合を正当化しているのです。

 

もし、丸山議員が言うように「領土問題解決のための実行支配」をしてしまったら今のロシアや北朝鮮と同じ状況になってしまい、国連加盟国から経済封鎖を受ける可能性があります。

 

ロシアがあれだけ威張れるのはと軍事費のGDP比が日本よりはるかに上回る軍事力があってこそ。

 

「日本は外交ヘタだ」とよく言われますが、北方領土を軍事的に占領した場合、

 

これまでより遥かに高度な外交と軍事オプションのチラつかせるための軍事費経済的体力が必要になります。

 

なぜなら、「三要件満たしてないでしょ。」と外国からケチつけられたら戦争も経済封鎖もやられ放題の状況になるからです。

 

あまりに非現実的で、外交的にも国際社会の反発を招く行為である事はお分かりになるはずです。

 

太古から戦争において大義名分がいかに大切かは明白な事実です。太平洋周辺の国々は親日国も多いですし強硬な手段に出てくるか分かりませんが、利害関係が無い遠くにある国こそこうした大義名分につられます。

 

それは、日本が遠く中東のイラク戦争に賛同した事や北朝鮮への制裁に取り敢えず各国が足並みを揃えている事を考えれば、自明の理であるはずです。

 

ロシアと中国の出方によっては地球の裏側にあるような国からドミノ式に日本への強硬路線に変わっていく可能性があります。

 

付け加えると、丸山議員はお酒に酔って、ロシアとの約束である決められた区域から出ようとしていた事が分かっています。

 

ロシアはもちろん信用がおけない国です。

 

しかしだからこそ、「実効支配」「軍事オプション」の強力なカードを持っているロシアにスキを見せると言う事がいかに愚かなのは言うまでもないでしょう。

 

発言を含めて、丸山議員がやってしまった行動はあまりに危険なのです。

丸山議員はアルコール依存症の可能性がある

お酒.jpg

また、これは推測の枠を脱していませんが、丸山議員はアルコール依存症である可能性があります。

 

丸山議員は以前も居酒屋で人を殴るなどの事件に発展した事があり、お酒の断酒を宣言していました。

 

それにも関わらずロシアとの関係を左右する重要な局面で泥酔するまでお酒を飲み続け、このような行為に働いたのです。

 

そして、同じ大学・職場出身の宇佐美氏からは、大学でも経済産業省でもお酒に問題がある人物であった事が語られています。↓

 

丸山穂高について(宇佐美氏のブログ)

https://blogos.com/article/377491/

 

いつ同様の問題を起こすかも知れず、一度国会から退いて適正な診断を受け、療養すべきなのは言うまでもありません。

丸山議員は辞職して養成し、再起を図るべき

政治家.jpg

丸山議員は世の中のタブーにも切り込み、国民が本当に言いたい事を言ってくれる貴重な政治家の一人だと自分は思っています。

 

だからこそ、こうした不祥事で政治生命を失って欲しくはないのです。

 

どうか議員辞職して再起を図って欲しいと願って已みません。