【5分でわかる】アメリカってどんな国?

こんばんは!政治提案家タカジュンです!

今回もG7特集、第5弾!

アメリカをお届けいたします。

 

1,アメリカの成り立ち

 

古代から先住民が住んでいたアメリカですが、世界史に登場するのは中世15世紀を待たなければなりません。

 

当時アメリカは、「コロンブスによって発見された大西洋の向こうの大陸」にすぎず、やがて本国(イギリス)の労働力や資源の搾取の対象となりました。

 

そんな植民地アメリカが世界のリーダーに登りつめるきっかけとなった出来事は、1620年のピルグリム=ファーザーズの移住です。

イギリスから居場所がなくなった清教徒たちがイギリスを飛び出し、船でアメリカへわたった出来事です。

 

それから徐々にイギリスとフランスによる領土拡大のための植民地戦争に巻き込まれ、先住のインディアンたちは住んでいた土地を奪われました。

 

18世紀、アメリカの植民地は、イギリスの支配下にありながらも独自で発展し、自ら自治も行なっていました。

 

アメリカにおけるイギリスからの独立感情を高めたのは、ボストン茶会事件でした。

アメリカの住民は本国イギリスに様々な規制を強いられ、関税をかけるなどして苦しめられていました。

耐えかねたボストンの住民たちは、入港しようとする船を襲い、中に入っている大量の茶葉を海に捨てた、という事件です。

 

報復措置をとったイギリスに対し、アメリカはイギリス製品をボイコットするなど、本国と植民地の溝は修復不可能な状態となりました。

 

1775年、ついに全面戦争となり、1776年7月4日に植民地軍はアメリカ合衆国独立宣言を採択。その後アメリカは戦争に勝利し、イギリスも独立を認めました。

独立後、アメリカは工業製品が盛んな北部と、奴隷を酷使して広大な土地でプランテーション農業を行う南部で利害が衝突していました。

 

これが原因となって、1861年、アメリカ史上唯一の内戦となった南北戦争が勃発。

この内戦を終結させ民主主義のアメリカを守ったのが、エイブラハム=リンカーン大統領でした。

リンカーンの白黒写真

画像:エイブラハム=リンカーン(pixabayより引用)

 

その後、アメリカは領土を西へ西へと広げ、ついに太平洋までたどり着きました。

すると今度は、ハワイフィリピンなどの太平洋へ本格的に進出して領土を拡大しました。

 

第一次世界大戦では、当初イギリスのサポートをするにとどまっていましたが、自国の船がドイツに攻撃されたことを受け、参戦します。

 

1920年代、アメリカで様々な科学技術が発展すると、戦争で経済が混乱していたヨーロッパ諸国を追い抜き世界一の経済力を誇る国へと成長しました。

 

世界恐慌も公共事業の展開やブロック経済の形成で乗り越え、日本との太平洋戦争を迎えるとともに社会主義を唱えるソ連と対立し、冷戦へと突入してゆきます。

 

冷戦期のアメリカは、資本主義圏(西側)のリーダーとして、ソ連との核開発競争をはじめ、事実上、アメリカにつくかソ連につくかの世界中を巻き込んだ国取り合戦を展開しました。

政治のみにとどまらず、音楽、芸能、スポーツなど多岐にわたる分野で冷戦は影響を及ぼします。

 

1989年の米ソ首脳会談で冷戦が終結。

その後も、世界のリーダーとして世界中の諸問題に取り組んでいます。

 

statue-of-liberty-267948_640.jpg

 

2,アメリカって!?文化・風習

 

・正式名称 アメリカ合衆国

・首都 ワシントンD.C

・大統領 ドナルド=トランプ

・面積 9,630,000㎢ (世界第3位)(日本の約25倍)

・人口 3.2億人

・公用語 英語

・宗教 プロテスタント(50%)、カトリック(25%)

・世界第1位 GDP、五輪総獲得メダル数、ノーベル賞受賞者、軍事費、原発稼働数 など

(Wikipediaより引用)

 

アメリカ合衆国が、建国250年ながらも超大国としての地位を得ることができたのには当然、いくつもの理由があります。

 

まず、その国土の広さです。

1800年代後半、南北戦争から立ち直ったアメリカは、国の領土を西に広げ、鉄道や道路の建設などを進めて経済を大きくしていきました。

 

また、1930年代前半の世界恐慌の際には、公共事業を起こして雇用を確保することで経済の低迷から脱却しました。

どちらも、広大な面積を持ってこそできることでもあります。

 

次に、「アメリカ」の理念があげられるでしょう。

もともとアメリカ合衆国とは、イギリスからの移民が創った国です。

 

建国後も世界中から移民が移り住み、現在では世界を代表する多民族国家です。

その内訳は、黒人(60%)、ヒスパニック(15%)、黒人(12%)、アジア系住民(5%)となっています。

 

そのためアメリカは、様々な国、宗教の文化や考え方を柔軟に取り入れてきました。

その多様性、順応性、寛容さも今のアメリカを創ったゆえんと言えるでしょう。

 

現在のアメリカは、ニューヨークサンフランシスコシアトルなど大都市には世界中の企業が進出し、言わずと知れた世界の中心となっています。

 

new-york-2699520_640 (1).jpg

 

3,アメリカの政治

 

最後はアメリカの政治体制を紹介します。

アメリカは上院下院の二院制を採用しています。

 

上院は任期6年で3分の1ずつ2年ごとに改選、下院は任期2年で、どちらも解散はありません。

 

日本の場合は、与党の党首が首相となります。安倍晋三氏は第1党、自由民主党の党首です。

 

ところがアメリカは、全く異なります。

 

アメリカにとって大統領は国家元首であり、それを選ぶ選挙は、いわば、お祭りのようなものです。候補者選びは2年前から始まります。

 

議会選挙とは別に大統領選挙が行われます。国会議員が大統領になるとは限らないのです。

バラク=オバマ前大統領は上院議員でしたが、現職の大統領は実業家のドナルド=トランプ大統領です。

trump-2546104_640.jpg

 

選挙前、多くの世論調査ではヒラリー=クリントン氏が優勢とみられていましたが、見事に覆し、勝利を収めました。

世界の警察をやめ、自国第一で物事を考えるトランプ氏の政策は、排他的であり世界の均衡を壊しかねない、と批判が相次ぎました。

 

一方で、わかりやすい言葉で伝える姿勢や、政策、思想のシンプルさなどが一部の人々を引きつけました。

メキシコとの国境に壁を作る、イスラム教徒の入国を禁止する、外国の製品に高関税をかけアメリカの産業を守る、など、アメリカファーストの政策が国民の心に響いたのは事実でしょう。

 

「トランプ大統領の就任で世界が壊れる」とも言われましたが、それから2年。

賛否両論がありながらも、経済面においては公約通り自国を最優先してきました。

 

日米首脳会談やG7G20など、様々な国際会議でトランプ氏の言葉が世界を動かしています。

【5分でわかる】フランスってどんな国?

ボンジュール!政治提案家のタカジュンです。

G7紹介シリーズ第3弾はフランスです。

 

1,フランスの成り立ち

 

古代ローマ帝国時代、フランスは「ガリア」と呼ばれ、ローマ帝国の辺境の街という位置付けでした。

 

その時代には、ローマ風の都市が造られ、多くの建造物が建てられました。

 

現在のフランスに誕生した初めての国は481年にクローヴィスが建国したメロヴィング朝フランク王国です。(その後、カロリング朝に受け継がれました)

 

870年、フランク王国が分裂し、その領土が3つに分割しました。これが、現在のフランスドイツイタリアの原形です。

フランク王国分割後の現在のフランスの領土は、カロリング朝が断絶すると、時代とともにカペー家、ヴァロワ家、ブルボン家の順に1700年代後半まで王朝による支配が続きました。

 

フランス史上最大の出来事は、あの英雄が登場したフランス革命。

 

france-63022_640 (2).jpg

 

ナポレオン=ボナパルトの名を聞いたことがない人はいないでしょう。

 

 

ブルボン朝時代まで、聖職者(キリスト教の司教や司祭など)と貴族による支配が続き、民衆の生活は圧迫されていました。

 

議会は存在していたものの、そのシステムは不公平なものでした。

 

そんな圧政に耐えかねた民衆が1789年に暴動を起こしたことで起こったのが、フランス革命です。

 

しかし、フランス革命後のフランスは混乱が続き、短命の政権が乱立しました。

 

そんな内乱に終止符を打ったのが、かのナポレオンでした。

 

彼はその知力と政治力でフランスのトップに上り詰めると、勢いそのままヨーロッパの大部分を制圧しました。

 

これをナポレオン時代と呼びます。

 

ナポレオンが退位すると、王政が復活したものの、2度の大きな暴動によって共和制となるなど、不安定な時期が続きました。

 

この頃からドイツとの対立が深まり、2度の戦争に参戦することになるました。

 

第一次世界大戦、第二次世界大戦共に戦勝国となったフランスは、現在でも5大国としての位置付けを確保しています。

 

冷戦期には西側(アメリカ側)につき4番目の核保有国となり、北アフリカとの戦闘など、軍事的な強国となりました。

 

現在はG7NATOEU国連安保理常任理事国など、様々な勢力、機関に所属し、ヨーロッパのみならず世界のリーダーの一員となっています。

 

2,フランスってどんな国!?文化・風習

 

フランスの基本的な情報をみていきましょう。

 

・正式名称 フランス共和国

・首都 パリ

・大統領 エマニュエル=マクロン

・首相 エドゥアール=フィリップ

・面積 551,000㎢(日本の約1.5倍)

・人口  6,700万人

・公用語 フランス語

・宗教 キリスト教カトリック(85%)

・特産品 ワイン、チーズ、パンなど

(Wikipedia、外務省より引用)

 

フランスは、北海道よりも高緯度に位置する国ですが、偏西風の影響で温暖な気候です。

国土の東側にはアルプス山脈が連なり、西側はドーバー海峡を経てイギリスが隣接し、南側はニースなど一年中比較的温暖なリゾート地が存在します。

 

フランスは、特に地域によって様々な気候を楽しめる国であるといっても良いでしょう。

 

日本の1.5倍の国土をもつフランスは、その肥沃な土地を活かし、「EUの穀倉」と言われるほど農業が盛んです。

農林水産省のデータによると、食料自給率は127%と、大変高い水準となっています。「フランスパン」の名の通り、パン文化であるフランスは、小麦やトウモロコシの生産量が多いことで知られています。

また、ワイン、チーズの生産も国をあげてしており、毎年、その年のワインの出来を確かめる「ボジョレヌーヴォー」はフランスで行われているイベントです。

 

もう一つ、フランスが世界に誇るものー観光です。

 

フランスの観光客数は毎年8,000万人を超えており、堂々の世界第1位です。

エッフェル塔凱旋門など歴史的な建造物から、「シャンゼリゼ通り」に代表されるような有名な通り、街並み、景観の味わいは、世界中の人を魅了します。

 

eiffel-tower-3349075_640.jpg

3,フランスの政治

 

最後に、フランスの現在の政治について紹介します。

議会は間接選挙(市町村などの代表による投票)で選出される元老院と、普通選挙によって選出される国民議会からなる二院制を採用しています。

 

フランスは国家元首である大統領の権限が非常に強く、国民議会の解散権、総理大臣を含む大臣の任免権、非常事態宣言の発令権などは全て大統領が有しています。

 

2017年に40歳の若さで大統領選挙で勝利したエマニュエル=マクロン氏が現職の大統領です。

 

816px-Emmanuel_Macron_crop.jpg

画像:エマニュエル=マクロン氏(Wikipedia Commonsより引用)

 

この2017年のフランス大統領選挙、かなりニュースになりました。

覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

 

まず、前回の大統領選挙で特に注目を集めた候補者は、多くは既成の政党員でなかったことが注目されました。

事実、大統領となったマクロン氏は無所属で出馬しています。

 

もう一つ非常に注目を集めたのが、EU結束を訴えたマクロン氏に真っ向から反対意見を唱えたルペン氏でした。

彼女は、国民戦線という右翼政党を組織し、移民削減、EU離脱を訴えて出馬し、マクロン氏との事実上の一騎打ちとなりました。

 

2015年、300人以上もの負傷者を出したパリ同時多発テロや、イギリスのEU離脱問題を受け、国民戦線は急激に支持者を増やしていきました。

 

イギリスについでフランスもEU離脱の動きか!?

なんてニュースをよく目にしましたが、もう2年前の話なんですね。

 

そんなルペン氏を破り当選したマクロン氏ですが、最近は支持率が3割を下回り、大統領に抗議するデモ活動が活発化するなど、その求心力に陰りが見えてきているようです。